« 感謝とお詫びと時々お知らせ。 | トップページ | 告知ですんまっせん! »

2014年8月28日 (木)

トムさんずといふもの。

1271_2


ここんとこ頑張らせてもらってたトムさんず。
その第1期が先日終了しました。
沢山の皆さんに楽しんでいただけたようで、最後まで感謝、感謝です。
10394846_702268649852674_6549873992

普段は『弦を切る』でお馴染みの典彦がこの日は『指を切る』&『ストラップを切る』
気合の表れですな。素晴らしい(笑)

活動休止について、色んな人から理由を聞かれます。
そんな時は『人気がピークの時に活動休止したかった。』と伝えます。
僕の音楽人生で、これほどまでに注目されたことが無かったのでね。

元々は、あまりにもライブ本数が少ない無礼者達を可哀想に思った典彦が3年前に僕に『一緒にやりませんか?』と声をかけてくれたことから始まった。
水戸師匠でいうところのウタノコリをしようと思って無礼者達のアコースティックverをやり始めた。
オリジナルを作るということでポーグスっぽい音楽にしようと路線を変えた。
それが3人にピッタリだったんだろうね。
凄くお客さんに受けるようになった。特に外人さんに。
興味を持ってもらえるのは有難いことで、次から次にオファーとか来た。
諸先輩方からもたくさん褒めてもらった。
お客さんが笑って踊って手拍子して、時には涙ぐんだりして。

あぁ、俺がやりたかったのこれなのかもなぁ・・・。
などと思っておりました。

元々バラバラだった3人の足並みが揃ってきて前に進んだと思ったら、ちょっとずつズレてきて煮詰まる。
長年バンドやってれば何度も経験してますよ。
ただね、他の人間入れて続けるくらいなら休んでしまえ!と、思ったんですよ。
こいつらとじゃないとトムさんずにはならないからね。きっと。

僕が本当に落ちかけた時に助けてくれたのがトムさんず。
そして、それをみんなのために使おうと思ったのもトムさんず。
ここからブラックトムさんずをはじめ、色んな事が動き出した。
白川君にカヴァーもしてもらったしね。

典彦とトモナリには感謝しかありません。

またいつの日にか一緒に演れる日が来ることを、僕が一番楽しみにしていますよ。

短い間でしたが、トムさんずを愛していただいて本当にありがとうございました。
気が向いたら、また演り始めますよ。

気長ぁ〜にお待ちくださいませ。
10626387_702268726519333_9033324955

2014年8月23日 赤坂ドリームボート セットリスト

フローラル〜ゾンビの調べ ロックンロールウェイ〜水兵リーベ俺の船〜出来立てトムウェイツ
親指トム〜ペチカ 素晴らしき片想い〜酔いどれ行進曲 人生ゲーム ハイ&ロー
ナンシーウィスキー(アンコール)

« 感謝とお詫びと時々お知らせ。 | トップページ | 告知ですんまっせん! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1665826/57207423

この記事へのトラックバック一覧です: トムさんずといふもの。:

« 感謝とお詫びと時々お知らせ。 | トップページ | 告知ですんまっせん! »